波動の高い人にあなたもなれる!その特徴となり方について

私のプロフィールや鑑定リストなどはこちらを。 まずはをご覧ください。

三日月はづきです。

波動の高い低いをあなたは意識されているでしょうか?

そもそもスピリチュアルにおいてよく言われる「波動が高い」とはどのような状態なのでしょうか。

一言で言えば、波動が高いとはそれだけエネルギー量が多いという事。

エネルギーはスピリチュアルエネルギーも含みますので、波動が高いと思っていることが現実のものになりやすくもなります。

思った通りのことが起きることの4つのスピリチュアルな意味

波動とはエネルギーが可視化されたもの(ただし、可視化といっても霊感の高い人に限ります)

その波動を見て

「この人の波動は高いな」

「この人の波動は低いな」

と、波動が読み取れる人は判断出来るわけです。

そしてエネルギーの量によって波動も左右されるということは、誰でも波動が高い人になれるというわけです。

たまに波動の高さは先天的なもので変えることは出来ないと誤解されている方もいらっしゃいますが、決してそのようなことはございません。

誰でも努力・行動次第では波動の高い人になることは出来るのです。

そして波動が高ければ高いほどに生じるメリットは多くなります。

ですので私としては、一人でも多くの方が波動の高い人を目指して欲しいと心から願っております。

これからお伝えする波動が高い人になる為に実践するべきことをどれか一つだけでも構いませんので、実生活に取り入れていただければ嬉しく思います。


波動が高い人の特徴となり方について

よく食べる

あなたは1日3食をしっかりと食べているでしょうか。

1日3食は肉体労働がほとんどだった時代の名残であり、現代人のライスタイルには合っていない。

多くの人はカロリーの過剰摂取になる。

といった1日3食を否定する動きや説が一部で見られるようになりました。

ですが、エネルギーの多くは食事で作られるものです。

食事だけがエネルギーの全てではありませんが、体を支え動かすエネルギーは間違いなく食事が作り出しております。

その為には適量をしっかりと食べることが大切です。

この適量というのは個人差があるのですが、私のお勧めとしては1日3食を腹八分目まで食べることです。

食事内容は偏りなく、肉・魚・野菜・果物・ナッツ類・乳製品をバランスよく食べるのがバランスの良い質の高いエネルギーと繋がります。

昔の常識は今の非常識とも言いますが、それは一部。

今は情報過多の時代ですので様々な健康法が出ておりますが、結局のところ昔の人が見出し根付いている健康法が一番だというのが私の見解です。

よく動く

よく食べるのと同時にしっかりと行っていただきたいのがよく動くことです。

よく食べる事は毎日実践する事が出来ていても、よく動く事は出来ていない方が多いのではないでしょうか?

日本人は三人に一人が運動不足に陥っております。

運動は健康には良いイメージがあるかもしれませんが、波動に関しては強まるよりもむしろ弱まりそうと思われたかも知れませんね。

運動など疲れるだけと否定的な方も少なくありません。

スポーツした後は体が火照りますが、あれは「熱エネルギー」によるものです。

体を動かすことでエネルギーがしっかりと循環し、熱を伴うのです。

このエネルギーに熱が加わるとエネルギーの質が更に強まり、丈夫になります。

また、熱エネルギーはこれから後述するメンタル面などにも良い影響を及ぼしてくれます。

メンタルが強い

メンタルが強く打たれ強い方は非常に波動が高い傾向にあります。

逆にメンタルが弱ければ、波動も弱く不安定なものとなってしまいます。

この二つは連動しており、メンタルの影響が波動に伝導している形になります。

つまり、メンタルが弱まれば波動も弱まり、メンタルが強ければ波動も強く高くなるのです。

波動の高い人を目指すのであれば、必然的にメンタル的に強いタフな方を目指す必要があります。

そしてこのメンタルを支えてくれるのが「食」と「運動」、そして「太陽」です。

太陽は幸せホルモンであるセロトニンを分泌してくれる効果がありますが、このセロトニンはメンタル面の安定においても重要です。

スターバックスコーヒージャパン健康保険組合 Web広報誌[マイウェルネス]。「健康」って何だろう。WHO憲章には健康とは…

そして食事をしっかりと取り、よく動くようにすることで、メンタル面は自然と安定していきます。

つまりは健康の基本をしっかりと行えば、それだけで強いメンタルは作られていくのです。

嘘をつかない

嘘をつかないことが高い波動につながるのではなく、嘘をつくと波動が低くなるのです。

嘘も方便という言葉もあるように時と状況によっては嘘も良い事になります。

ですが、基本的に嘘はつかないようにしましょう。

なぜなら一部の例外は除き、嘘は悪行となるからです。

心に罪悪感を残す悪行は間違いなくエネルギーの質が悪くなり、波動も低くなります。

悪行そのものというよりかは、悪行により生み出された罪悪感が波動の低下につながるのです。

つまり嘘に限らず悪行全般を行うべきではないのですが、意外と見過ごされがちで意識しないと簡単についてしまう嘘をピックアップさせていただきました。

小さな嘘であったとしても確実に罪悪感は残ります。

なぜなら嘘は人の魂に根付いている誠実さや正義感への裏切りにあたる行為だからです。

大袈裟に思うかも知れませんが、小さなことでも嘘をつく事は「人も自分も騙し裏切る行為」なのです。

それにも関わらず保身や自分を良く見せる為に嘘をつく方は多いです

(例:身長や年収を盛るなど)

小さな嘘でも自分自身の価値を下げ、波動の低下にも繋がることと意識し、嘘は極力つかないようにしましょう。

人と比べない

自分自身と人を比べ、一喜一憂する方は多いです。

しかし人と比べる癖があると、自分よりも他人に意識が向いてしまいがちです。

それだけでなく、妬みや嫉妬などにも繋がる事も多いです。

この二つは「サイキックアタック 」にもなるように、人を傷つけ攻撃する事に発展する事もあります。

したがって妬みや嫉妬などもよく抱くようになると、波動の質も低下していきます。

他人とあまり比べる事なく、しっかりと自分を持っている方は妬みや嫉妬なども生じにくく、それが原因で波動が下がることもありません。

取捨選択がしっかりと出来る

悪いもの、不必要なものは遠ざけ、良いもの必要なもののみ選び取ることがあなたは出来ているでしょうか?

相性は何も人だけの限定的な概念ではございません。

土地、食べ物、物など、様々なものとの相性もあるのです。

相性の悪い物は波動の低下に繋がり、相性の良い物は波動の上昇に繋がります。

ですので自分と相性の良い悪いを見極める力を養い、取捨選択が出来るようになると波動は上がり続けていきます。


最後に

読んでいただいて

「自分も波動の高い人になれるかも」

と思われたかもしれません。

その場合は本記事での内容をすぐにでも実践してみてください。

全てがベストですが、どれか一つだけでも構いません。

あるいは波動が低くならないようにするだけの行為でも構いません。

波動の高さは幸福にも直結する事ですので、実践して損する事は何一つとしてありませんからね。

ご相談や鑑定依頼などはから またはこちらのLINEよりお友達登録しご連絡ください。 友だち追加