ドライヤーが壊れた時に発信される6つのスピリチュアルメッセージ

私のプロフィールや鑑定リストなどはこちらを。 まずはをご覧ください。

三日月はづきです。

毎日使う電化製品であるドライヤー。

使用頻度が高いからこそ、壊れやすいものでもあります。

安い電化製品ではないだけに、壊れてしまうのは悲しいですよね。

しかしどうか悲しいだけでは終わらせないようにしてください。

ドライヤーが壊れることには複数のスピリチュアルなメッセージがありますので、今回の記事にてそのメッセージをしっかりと把握し、次に活かすようにしてくみてください。

ドライヤーが壊れたことのスピリチュアルなメッセージとは?

目標は今はいらない

誰もが先生やご両親に目標を持ちなさい、目標を設定してそれに向かって努力しなさい、と言われ続けてきたのではないでしょうか?

そのことからも目標を持つことが大事だと多くの人が思っているかもしれません。

確かに目標を持ち、その目標に向かって努力をする事は大切です。

しかしはっきりした目標を持ってしまうと、「そこに到達するまで幸せではない」という勘違いが起こってしまいがちです。

本当はやりたいことをやっている時点で幸せにもかかわらず…

このような勘違いが起きてしまうと、目標が達成するまでの間は幸せではない状態になってしまうことがあるのです。

ドライヤーが壊れた時に何か憑き物が落ちたかのように心が軽くなったと感じた時は

「今は目標に囚われているので目標はいらない」

というスピリチュアルメッセージが出ている可能性がございます。

そのような時はそのメッセージ通り、目標はあえて立てず自分の好きなままに生きるようにしてみましょう。

断捨離をしなさい

私はよくご相談者様に断捨離を勧めておりますが、ドライヤーが壊れた時は「断捨離をしなさい」というメッセージが出ることがございます。

お部屋を見渡してみて

「今は使っていない物」

「壊れている物」

が多いのであれば、高確率でこのメッセージが出ているでしょう。

中でも積極的に手放していただきたい物の一つが服でございます。

お部屋の中に今はもう使っていない(必要のない)服がたくさんありませんか?

これは服に限った話ではございませんが、使っていない物でも常にエネルギーが発せられており、部屋の物にあるエネルギーを受けて生活しているのです。

そして使われていなものが発するエネルギーは輪郭がぼやけた不透明なものとなります。

それは体にも良くないものとなります。

ご自身のパフォーマンスに悪影響がでることがありますので、これを機会に不要なものを思い切って処分してしまいましょう。

特に過去の産物は思い切って処分することが大切です。

服を捨てることで得られる4つのスピリチュアルなメリット

旅に出なさい

ドライヤーが壊れた時、もしも休みがあまり取れていない、リフレッシュができていない、家に閉じ篭りっきりだ…

という場合は「旅に出なさい」というメッセージが出ている可能性が高いです。

旅に出ることには様々なメリットがございます。

その中でも特に大きいのが「転地効果」でございます。

転地効果とは、気分転換の一種です。

日常生活を離れていつもと違った環境に身を置くことで、五感が刺激されて自律神経の中枢に作用し、リラックス効果が得られます。

このリラックス効果は旅行後も長く続くので、ストレスを感じやすい方には特にお勧めです。

また、五感が刺激されるだけでなく五感が鋭敏になる方もいらっしゃいます。

リフレッシュ効果も大きいので、上記のいずれかに当てはまる方は日帰りでも構わないので旅に出るようにしましょう。

旅行をすることで得られる素晴らしすぎる4つのスピリチュアルな効果

ダウンサイジングをしなさい

ダウンサイジングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

こちらはサイズ(規模)を小さくすること全般を指しており、特になんらかの不都合を減らしたり、何らかの利益を大きくするためにサイズを小さくする行為です。

ドライヤーが壊れた時に、ドライヤーを振ってみると「カラカラ」と乾いた音が聞こえる時はこのスピリチュアルメッセージが出された可能性が高いです。

小さくするだけでなく、捨てる物の写真を取り、その写真だけ保存して撮影した物は捨てるという行為もダウンサイジングに当てはまります。

「写真に撮ってから捨てる(思い出のダウンサイジング)」という方法は、不要品を「写真に撮ると15%も多くモノを減らせる」という実験報告もございます。

学生に「不要なモノを寄付しよう」と促す際に、普通に寄付させた場合は533個、撮影してから寄付させた場合は613個という結果になり、15%もの差が出ているそうです。

物質で残さなくても、デジタルの写真で思い出を振り返れるよう保険をかけるだけで、「その物が無いと嫌だ」というコレクション欲求などを乗り越えられるからです。

ドライヤーが壊れた時はすぐに捨てるべきですが、もしもそのドライヤーを長年使っており愛着があるようであれば、ドライヤーの写真を撮影した後に捨てるようにしましょう。

何かを『やりすぎて』しまっている

「過剰すぎること」「やりすぎ」は何事においても良くありません。

いくら体や心に良くてもやりすぎは毒になるのです。

物事の本質の一つに「やりすぎないこと」がありますが、これはこれからいくら時代が変わろうと変わらない普遍的なことです。

「toomuch」なのが問題なのです。

ドライヤーが壊れた時は何かを良かれと思ってやりすぎてしまっている可能性がございます。

自身の日々の行動について一度見直してみると良いでしょう。

もっと感謝が必要です

「ありがとうございます」

という言葉をかけられて嬉しくならない人はいません。

普段何気なく使っているかもしれませんが、たった一言の感謝の言葉には多くの良い事を引き寄せる効果がございます。

誰でも簡単に出来る事なのに、幸福に直結している事は実は少なくありません。

そしてドライヤーが壊れた時は感謝が足りていない可能性がございます。

もしも心当たりがある場合は感謝の回数を増やすようにして参りましょう。

感謝の言葉の持つ4つのスピリチュアルな効果と注意点について

最後に

実際にドライヤーが壊れて、その時に発信されたスピリチュアルメッセージを読み取って欲しい!

という方は私までご相談ください。

私はリーディング鑑定を得意としておりますので、そのメッセージを見極めて参ります。

三千千里眼を用いて行う解析・解読鑑定

鑑定をご依頼の際は

  • お名前(フルネーム、ふりがな含む)
  • 生年月日
  • 血液型
  • どの記事を読んで連絡をしたか?

をそえてご連絡ください。

ご相談や鑑定依頼などはから またはこちらのLINEよりお友達登録しご連絡ください。 友だち追加